カウンセラーでもうつになる!うつ病といった精神性は素粒子レベルで影響しあう。

こんばんは、悟りの毒舌ロリータスピリチュアルで古代の叡智コーチの和登です。

あなたは心理学やメンタルヘルスを歌う人と関わりを持ったことがありますか?

私はあります。

ですので、こちらはそういった方々とのふれあいなどで得た経験をもとに書かせて頂いています。

心理学だけでは最終的に心の平穏は訪れない

皆さん心理学と聞いたときにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

資格が必要?とか?

 

カウンセラーさんがされていると言うイメージでしょうか?

それとも癒しをなりわいとするセラピストさんがされてるイメージでしょうか?

しかしながら人を癒す人たちが実際は癒されてないと言う現状に皆様お気づきでしょうか?

むしろ病んでる、みたいな。

 

数か月前も、心理セラピストの方にケンカをうられたこともあります。

 

ケンカ売る前に、自分を見つめなおしてくださいねー。

 

泣く 涙

 

そう心理学をただの学問として突き詰めて教えている頭の固い人たちが多いから、自らが病むんですね。

 

相手を型にはめて満足しているのはただの自己満足なんですね。

 

突き詰めること自体は否定しません。ですが突き詰めて結果的に目に見えないものを否定しているので、結果的に人を癒す手法を教えてる人たちが病んでいくんですね。

 

相手を否定するのは自己否定と同じ効果があり、まさに自分で自分を傷つけることになるんですね。

 

人を呪わば穴二つ。

 

まさにこの世界です。

 

 

タイトルにもあるようにメンタルヘルスをうたっている人たちが実際はメンタルヘルスを病んでいる、なんて事は実際に多く見られます。

 

実際に臨床心理学を学ばれた方で当方に受講してくださった方から教えていただきましたが、臨床心理の世界ではスピ禁止と教えていただきました。

 

しかしながら心理学の世界で心の健康を保てている人は、むしろ保てている人ほどスピリチュアルつまり目に見えない世界を信じていらっしゃいます。
矛盾ですよね(笑)

 

 

実際に多くのカウンセラーさんや霊能者やヒーラーやスピ系の方々をカウンセリング等してきた側からしての経験談を交えてお伝えしています。

そして多くのメンタルヘルスを謳う人ほど、内情はとっても大変!

メンタルヘルスを謳う人ほど、依存的な人を引き寄せる

メンタルヘルスを謳う人ほど、メンタルを病んでいます。

メンタル弱い人が稼げてるって聞いたことないですよね?

最後は人対人のときにメンタル弱い人からものを買いたいですか?

悲鳴

選択肢としてないですよね(笑)

ただでも、よく、あの人とは波長があうね、って言いますよね。それと同じなんです。

そしてあなたの目の前に現れる人は自分の鏡です。

メンタル弱い人は同じようにメンタル弱い人がきます。つまり稼げない人。

つまり潜在意識があなたの闇をあぶり出してくれている、とも言えます。

有名ですが、潜在意識は良いも悪いも判断ができません。目の前に起こる事は必要や意味があっておこっています。

良くない例はこんな感じ。

お金が必要な時になくて、あなたが稼げないその理由とやりがちな癖

良い例はこんな感じ。

人間関係のストレスもなく、うまくいってる人は断捨離をして変化の波にのる

そんなこと言われても…と思ったあなた!

つい良くないことがあったときに条件反射的になんでこんなことが起こるんだろうとかそんなこと思ったことないですか?

そして自分でついてないなぁとか思ったりとかしませんか?

そしてついてないなぁって言う時に限ってまた良くないことが起こったりとかしませんか?

わかりやすいのは、ドラえもんの、のび太くん。

いじめられて落ち込んでたら、犬のしっぽを踏んで犬に噛まれて、ドラえもーん!ってなってるシーンみたことあるかと思うんです。

これ自分で引き寄せちゃってるんですね。(この場合のび太くん)

ついてない自分だから、さらについてないことが起こる、と言う事なんです。

自分で不幸な自分を演出(引き寄せ)してるんです。

つまり、ここであえて演出と書いたのは、自分の目線で考えた時に、「自分でその選択肢を選んだ」だけなんです。

そんなもん納得いかへんわ!!とおっしゃる方も多いと思うので、そういうときの解決方法をこちらに載せておきます。

怒りでイライラしてる時の対処法

そんな時はSNSについ書き込みがちですが、そんなところで発信してしまうと周りが見ちゃいますよね。

それは避けましょう。

怒りは人を遠ざけます。

そうなるとあなたは怖い人と思われてしまいます。

怒り 動物

たとえ良いことを発信したりしていてもそこで信用が落ちてしまいます。それではあなた自身がもったいないと思いませんか?

では、どうすればいいかお伝えしますね。

怒りでイライラしてる時は怒ってください。それでいいんです。

でも書き込むのは、紙にしてください。その紙に、何が原因でどんなことに対して、自分はイライラしたり、怒っているのか、思いっきり書きなぐってくださっても結構です。ともかく書いてください。

場合によってはトイレットペーパーでも構いません。何故かと言うと後でぽいっと流せるからです(笑)

ともかく怒りの感情を我慢しないことです。

我慢すれば結局それが解消せずに残ってしまいます、意識に。

ですので我慢せずに怒ってください。そして怒るだけ怒ったら気分を切り替えてください。

それこそ某幼稚園児の出てくる漫画のようにクッションを憎たらしい相手に見立ててぼふぼふと殴りつけるのも構いません。

そして「どうしてもまだ吐き出しきれてない」て言うんでしたらそれを毎日でも続けてもらっても大丈夫です。

そうこうしてるうちに徐々に怒りはおさまっていきます。

きちんと感情と向き合いおさまらせてから次へ進んでいきましょう。

カウンセリング例

例えばあなたが2人兄弟だったとします。

そしてお母さんがずっとお兄ちゃんばっかりを可愛がっていたとします。

それがずっと不満として残ります。

どうして僕のことを見てくれなかったの

どうして僕のこと愛してくれなかったの

その時に出さなかった言葉は、自分で自分を呪う枷(かせ)となります。

人を心から愛せなくなったり

自己肯定感が持てなくなったり

ひどい場合は生きる希望すら持てなくなったりします

そうならないためにも怒りと上手に付き合うこと、重要です!

 

 

 

まとめ

 

怒りを発散させれば冷静になれます。

怒っている時っていうのは実は自分のことも傷つけています。

どこが傷つくと言うと潜在、識やさらに奥の意識が傷つくんですね。

そうなるとそれを乗り越えさせる壁があなたの前にやってきます。

好きな人に振られてしまったりとか友達ができないとかそういったこと全てあなたの怒りが原因なんです。

あなたの周りにおこりっぽい方はいませんか?

あなたがあなたの運命を変えたいのなら怒りに対する取り扱いを覚えてください。

そして最も大事な事はなにか、一度御自分を振り返ってみてください。