願望実現を阻む原因は毒親にあり?毒親から完全開放されるためのたった一つやるべきこと

願望実現を阻む原因は毒親にあり?毒親から完全開放されるためのたった一つやるべきこと

 

例えば、パートナーとの仲が不仲だとか、

 

仕事がうまくいっていなくてつらいとか、

 

人間関係でぎくしゃくしてつらいと、売り上げが思うようにあがらなくてつらいとか・・・

 

そう感じてつらい思いをあなたはされていませんか?

 

こんばんは、臨死体験者で悟りの毒舌ロリータスピリチュアル・古代の叡智コーチ 神玉 和登です。現実派スピリチュアルが土台にあります。

(命名はもちろん別の方です^^)私は悟った!なんてことは恐れ多いのでいいません。悟りというゴールに向かって、命を使っている、そんな感じでしょうか。

 

これらの現実がうまくいっていない原因が毒親だったらあなたはどう感じますか?

この毒親から完全開放されるためのたった一つやるべきことが、毒親をゆるすことだとしたら…毒親を許しますかそれとも許さないですか ?

 

私も今でこそ、毒親がギフトだったと気づけていましたが、気付く前にこんなこといわれたら、「何言ってんの?私のつらさなんてわかんないでしょ!」に1000%なってます。

(けっ!そんな奴のいうことなんかききたくねーよ!みたいな…↓)

聞かざる

私ももともと何十年と毒親(父)に苦しめられていた、人間です。

 

苦しみから抜け出れたのは、現実的なこと、そして、スピリチュアルな世界で経験値を積み、さまざまな学びをしてきて、生かしているからにすぎません。

出会った人々やご縁ある方々のおかげとも言えます。

 

こんな私だから今でこそいえますが、毒親をゆるすことで願いが叶いやすくなるといったら、信じれますか?

毒親に対してどうしても嫌悪感しかわかないのなら、現実的に許す必要は全くありません!

当たり前ですけど。

 

そもそも、許せる許せないというのは、段階的に怒りや悲しみが解けていくものですから。

 

少しづつ玉ねぎの皮をはぐように段階を経て、少しずつ毒親に対する気持ちを整理していくことからしてくのが、まず最初の一歩です。

 

ここで勘違いしてほしくないのですが、親をゆるすことと、親から受け続けたネガティブな影響や癖から抜け出すことは全くの別物です。

 

私が伝えたいのは、この親から受け続けたネガティブな影響や癖から抜け出すことですので、勘違いされませんようお願い申し上げます!

この親からうけ続けたネガティブな影響や癖から抜け出すことは、これからのあなたの人生において非常に影響力を持ちます。

引き寄せ力や潜在意識の力を活用するために必要なんですね。

パートナーシップ編 引き寄せの法則

運命の人探しを終わらせる、運命の人が引き寄せられる直感力の磨き方6選 

引き寄せの法則とは嘘?恋愛を引き寄せる前兆とは?

 

親から受け続けたネガティブな影響や癖から抜け出すには、どうしたらいいのか?

つまり両親との心理的な和解 が一番のキーポイントになります。お金のメンタルブロックなどにもかかわってきます。

お金のメンタルブロックなどの参考編

お金を使うのが怖いのをスピリチュアルで解決しようとするとこじらせる

生き金・死に金 賢く生き金を使ってお金持ちになるためのスピリチュアル的な極意

お金や豊かさを引き寄せたいなら、まずは自分にお金持ちになる許可をしよう

 

読んで字のごとく心理的に和解、つまり心の中で和解することでいいんです。

(ご自身が許せる範囲の親でしたら、リアルに和解をしてもいいかもしれませんが)

ラブ

何度もお伝えしますが、リアルに和解することですとは言ってませんので、ご安心くださいね。

まず、、親が憎い!恨めしい!といった感情を持ち続けることのデメリットをお伝えしていきます。

 

 

毒親を許せない気持ちを持ち続けるということは長い人生においてあなたにとってデメリットしかありません

親が憎い!恨めしい!といった感情を持ち続けることのデメリットは、目に見えない自己肯定感につながるからです。

なぜ自己肯定感につながるのか、と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうそれを説明していきます。

 

私の例で恐縮ですが、父親は今でいうモラハラ・パワハラ・セクハラ・DVの4拍子がそろっていたある種の昭和の時代が生み出したモンスターです。

 

正直私は父親のいいところなんて、幼稚園のころからほぼないと思ってましたし、幼稚園や小学校の女性の先生に対して、「良い尻してんなぁ~(ぐへへ」とかそういうことを私や母の前で言っていたものです。

父に対しては、幼少期から「ろくでなし」認定していたので。

 

というか私も鬼ではないので、美人な先生に対して美人な先生やなーってでれっ(#^^#)てするのはいいんですよ。それは男性心理として仕方ないよね、と理解できますから笑。

 

ただ、なんでお尻とかそういう性的部分をみてるの?的なのが今でもあきれ返るセリフですね。毒親すぎて書ききれない!!笑って感じです笑

 

そもそも弟は仮死状態で亡くなってますし、兄は母のお腹にいる時に父にお腹を蹴られて階段から突き落とされて亡くなっています (今ならTwitterでは必ず炎上するでしょう。妊婦のお腹蹴った炎上もまだ記憶に新しいですよね?)

これが、男性の大半が持っているのに、気付けていないゆがんだ男性優位性の正体です。すでに気付けていない男性がおかしいレベルだと個人的には思いますが、カウンセリングやコーチングを受けようとしない男性に多いですね、こういうのは。

 

プライドが邪魔するのも存じてますが、男性は女性からカウンセリングやコーチングを受けるほうが価値観を広げられるので、いいんですけどね。

 

こういう男性↓ほどきちんとカウンセリングやコーチングを受けてトレーニングしましょう。

昔はゆがんだ男性性優位社会が日本社会の根底にあった

30年以上前は、警察は民事不介入といって、家庭内のもめごとにはノータッチだったわけですよ。だから父に殴られる!殺されるかもしれない!!って交番に駆け込んでも、刑事事件にならないのですね。当時は。この時に世の中の理不尽さを感じたのは言うまでもありません。

 

私も殴られていましたが、母のおかげで難を逃れていたことも多数ありました。

 

目の前でお母さんが殴られて、まとめて殴られるのが怖くて、助けることができない自分の無力さをすごく感じてたわけですよ。

 

無力さを感じると自己肯定感が下がります。

女の子 悲しみ

私が男で力が強ければ、父をやっつけて母を助けられるのに、と何度おもったことか!

女に生まれたことを憎んだこともありましたし、血液半分抜いてしまいたいが口癖でしたね。理由は母だけの血でいいと思ってました。(リアルに考えると死にます、マネしないでくださいね)

(自殺したい気持ちはわかりますが、国のこういう制度も利用してください!厚生労働省の電話相談)

 

 

父には恨みこそすれ、感謝の言葉は当時は全くなかったですね。

 

だから縁も切ってます。というか母が三針縫うけがを負わされ逃げてきた時に離婚を父としたのですが、その時に刑事事件では立件しませんでした。そして時効は迎えていたものの、息子の通学路に現れたため、母を説得し、刑事事件として提出したことがあります(私は付き添い)

 

 

今後は時効がなくなればいいのにと思いますが。

 

心の傷がいえて、支配的な暴力に対して訴えようと思えるまで当時の母をみていたら時間はかかるな・・と思ったので。

肉体の痛みは癒えても心の傷は何年たっても深く残る実例です。。。

 

↓タイトルは略奪愛などになっていますが、縁切りには、ここが一番だと思ってます。実体験で縁切れてます。

まさかの略奪愛・不倫成就が叶う?!京都・安井金毘羅宮

略奪愛・不倫・恋愛 縁切り 神社 恋愛 縁切

そして、学校教育の場でさらに自己肯定感を下げられる

例えば、一昔前で言えば親と子は普通に仲がよいということは当たり前みたいな考え方がありました。

 

学校とかで聞かれたことありませんか?

父親のいいところを読書感想文にとか。

笑顔 出会い

みんなは「はーい!先生ー!」みたいに答えるのですが、私は「いいところなんてないのでかけない…」で手が挙げないままその場をやり過ごしていました。

 

ただこの時に 他のみんなは両親が大好きで仲良くやってるんだとか正直うらやましかったと同時に違和感も感じました。

(この違和感でまた自己肯定感が下がっているんです)

 

ともかく、小さい頃は他のみんなは両親と仲がいいんだと思うと羨ましい気持ちと、なんで自分だけこんな目に合わないといけないの?という他者を責める気持ちというのが、むくむくと湧いてきてました。

今ならもうこの仕事をしてわかってきたんですけども、親なんて大嫌いだ!!という感情を持つとセルフイメージとか自己肯定感とかに影響を与えて、今後のあなたの人生にも大きく影響します。(人には忘却力もあるので、この影響を与えた事象のことは忘れます。しかしながら、へどろのように記憶にこびりついています)

 

忘却力、つまりある種の自己防衛本能が働くとともに、本当の意味で自信をなくします。何かを得れば、何かを失うという法則ですね。

サルでもわかる陰陽の法則・スピリチュアルでバランス感覚を養おう!

バランス 陰陽

「みんなと一緒が素晴らしいという価値観」の中で親が嫌いというみんなと違う価値観をもつということは、周囲からもおかしいんじゃないかと見られるわけなんですね。

 

そんな環境にいると、自分だけはなんか人とは違うのかな、これはおかしいんじゃないかって小さい頃から疑問に持つわけです。

自分で自分のことが信じられなくなり自己肯定感がまた下がる…というデフレスパイラルてきな悪循環の出来上がりです。

 

そうなると人への挨拶というものが出来なかったり、人の顔色を見たらビクビクしたり、人前でハキハキしゃべれない等いろんなことが起こります。

 

自己肯定感が上がるとセルフイメージが上がって、人と目を合わすのが怖くなくなったり、自信を持ってハキハキと喋ることができる、などできることが増えていきます。

あなたのセルフイメージが未来を全てを決めているとしたら書き換えればいい!

 

特に異性が 苦手で目を合わせづらかったりとか、そういった悩みが解消されていきます。

異性とのお付き合いの経験が少なくて、もう年齢的にもういいや…とか、逆に焦って結婚しなきゃとかパートナーをつくらなきゃと思っている方は自己肯定感が低いっていうことが原因だったりします。(だから婚活は無駄になる人も多いのですよね、←さくっと毒舌ごめんあそばせ!)

 

こんなことを言っている私も、もちろん、本当の意味で自己肯定感が高かったわけではなかったので、異性に声をかけられただけでどぎまぎするなんてこともありました笑

 

そもそも親を憎み続けてた私の場合なんですけども、かなり強がります。(本当の意味で仲いい人は私がけっこうな泣き虫でもあるのは知ってます笑)

昔も今も布団でこっそりとか泣いてます笑

本当の意味では自信がなかったうえに、病気がちだったから余計に自信は低下する一方でした。(小学校で腎臓病2回、腎臓が弱いので風邪もひきやすく、しょっちゅう学校を休んだりもあったんです)

 

そして毒親の影響で、小学校の頃とは男性に対して以下のような価値観を刷り込まれました。

 

毒親(父)の影響で、男は女をいじめるひどい人だっていう概念が出来上がってしまいました

毒親(父)の影響で、男なんて女とやることしか考えてないとか

毒親(父)の影響で、男なんて女を支配して俺様でふんぞりかえっていたいだけとか

毒親(父)の影響で、男なんて女をものとしか扱わないんだとか

(だから中学時代は男嫌いでした)

 

私の幼いころは、実際にスカートめくりなんていうのものも流行ってましたし。(今の若い子に通じないかも(泣笑))

そういったこともあいまって、男性への上記の価値観はより強固になりました。

 

だから、スカートめくりをしていた人たちをしっかり成敗しにいってました。当時は、結構力も強くて男勝りだったんで…。

 

この頃は男子に勝とうとしてました。

本能的に、男性自身も気付けていないゆがんだ男性優位性と戦っていたんですね。

喧嘩

当時の女子からはヒーロー扱いされてましたけども、男子からは男女(オトコオンナ)扱いでした…本当は嫌でしたけどね。

 

今も 時々男性から中身が男みたいな感じ、と言われることあるんですけど、それってすごい失礼ですからね ?

 

そして、病気を患ってた時は体育を休みます。そうすると男子がからかってくるんですよね

からかわれるのすごく嫌でした。

(今ならわかる、深層心理の現実化。。。自分でいやなことを引き寄せていたんですね)

 

お金引き寄せ実体験!引き寄せの法則はすごすぎる?カタカムナ×引き寄せの法則

アセンション過渡期の今こそメンタルを鍛えないと、逆引き寄せが起こる?

 

つまり父親から受けた心の傷が男性相手に出てるのですね。だから中学校時代は、男性が大嫌いでした!

 

私の場合は毒親である父からは、母の愛情をめぐるライバル視をされていたわけで、母に甘えることもできなかった分、図書館で借り月に20冊くらいは本を読んだり、ゲームにはまったりという今でいうオタクさんだったわけです。

 

そして、この過去の観念をきちんと書き換えないと大人になっても似たような事象が起こります。

この世はゲームのようなもの 人生はゲームだとスピリチュアルでいわれるのは?

人は鏡で、深層心理(潜在意識)で思っている価値観の人が目の前に現れる(私の場合)

人は鏡として現れます。

 

大人になっても男性に対する価値観が出てきて、それを反映した相手が現れます。

私の例を当てはめてみますね。

ひょんなきっかけで踏み入れたスピリチュアルの世界で受けたヒーリング伝授の元師匠に関して言うと、男でした。

ですが、セクハラ(キスは未遂)、パワハラ、モラハラ、DV?的なところがありのまま反映されていました。

 

 

元師匠のところにいた60代くらい~40代の男性たち、会社員から通訳から、保険の代理店していた人たちにも、実は影で悪口言われてたんですよ。お客さんを紹介したにかかわらず…。

 

 

さらに元師匠におかしなところを指摘したら協会の首を斬られて職を失った後に出会った自称霊能者男性も女性クセのお悪い方でしたし、自分の都合のよくないことはなしにして、1割の本当と9割の嘘を混ぜ込むまさにダークトライアドで人を傷つけても平気な人でした。(今だからやっと言えます)

 

今ではさんざんネタにさせていただいているので、ゆがんだ男性意識をお持ちのみなさん!本当にありがとうございます!!

 

 

ちなみに、ダークトライアドとは?

心理学においてダークトライアド (英: Dark Triad) とは、自己愛傾向 (Narcissism)、マキャヴェリアニズム (Machiavellianism)、サイコパシー (Psychopathy) の3つのパーソナリティ特性の総称である。「ダーク」と付くのは、これらの特性を持つ人々が悪の気質を持つことを意味する。

応用心理学においてダークトライアドの研究は、特に法執行、臨床心理学、経営管理などの分野でなされている。この3つの特性が高い人々は、犯罪を起こし、社会的苦痛を引き起こし、組織にとって重大な問題を引き起こす恐れがあり、それは特にリーダーシップポジションに置かれたときは顕著となる。

ダークトライアドの各要素は概念的には区別されるものであるが、経験的な証拠ではそれらの重なりが示されている。彼らは不自然な対人的なスタイルに関連づけられる

  • ナルシシズムは、誇大性、自尊心、エゴージズム、共感の欠如が特徴とされる
  • マキャベリ主義は、対人操作、搾取、道徳観に対する冷笑的無視、自己中心や欺瞞を特徴とする
  • サイコパスは、継続的な反社会的行動、衝動性、利己主義、無反省を特徴とする

グラスゴー・カレドニアン大学における因子分析によれば、五大パーソナリティ因子モデルにおいては協調性の低さが最もダークトライアドと関連性があり、また神経質傾向および低い誠実性は一部のダークトライアドの人々と関連性があった。

Wikipedia

 

 

見事に私の前に、

毒親(父)の影響で、男は女をいじめるひどい人だっていう概念が出来上がってしまいました

毒親(父)の影響で、男なんて女とやることしか考えてないとか

毒親(父)の影響で、男なんて女を支配して俺様でふんぞりかえっていたいだけとか

毒親(父)の影響で、男なんて女をものとしか扱わないんだとか

 

という男性が現れているのですね。

 

謝らない人はやばい!旦那や彼氏、上司、謝らない男の性格と劇的な対応策

 

 

そう考えると、親を憎んだり恨んだりすることの効果ということは恐ろしいし、自分の人生を大切にしたいし、よく変わっていきたいと思ったときに、重要なことだというのがお分かりいただけたかと思います。

 

これだけみると、毒親をゆるすことがやっぱり必要なの?と思われるかもしれませんが、あくまで心理的和解で結構です。

 

 

「毒親でも許そうよ」と言える人は、それなりに両親から愛情をもらっていたということを認識している人なんです。

だから、毒親を持つ人の気持ちはわからないのです。これは霊視できようが、エネルギーリーディングできようが、占いできようが、カウンセラーの国家資格持っていたり、セラピー習ったり、そのほか一般的に確かであろうと思うところで学んだ人であろうと、関係ありません。

 

毒親のことがわからない人もいます。

 

今は、毒親もギフトだったと思えていますが、癒されていない状態で、軽々し「毒親でも許そうよ」と言ってくる人がいれば、間違いなく私も不快に思って黙り込むか、反発して言い返しているかどちらかですね。

私と同じ立場になってみたら、簡単に親をゆるすことができますか?

としか思えません。

 

特にDVやモラハラ・セクハラ・パワハラを、他人が許せといって許すのはむずかしいことなのです。

いう側も、たいていかける言葉がなくて、気休め程度にいうことがほとんどですし。

モラハラとは モラハラ夫の特徴と共依存 離婚とその死後トラブル【とあるA子さんの告白】

 

親を許す・許さないは自分次第

親を許す・許さないは自分次第で、あなたはどちらの選択肢を選んでもいいのです。(スピリチュアル的には、自由意志の選択ともいえる)

 

実際に子育てをしてみるとわかるのですが、自分の子供でも憎たらしい!!と思うときもあるのですよ。(反抗期とか、とくに)

その時に初めて、毒親でもこんな風に私のことを思っていたんだな、と思えるようになるわけです。

 

そういう意味では毒親育ちの人達っていうのは(私も含め)子供と一緒に成長していくので、まさにある意味自分のそぎ落としになるわけですね。

ただ子育てほど自分との向き合いができるものはない(もしくはパートナーシップ)と思いますので、ある意味子供というのは本当にありがたい存在です。

 

そういう意味でちゃんと親を選んで生まれてきたんだなあと思いました。

私は実は10年以上前、子供を妊娠中にうつ病を患っていました。子供は生まれたときに私のうつ病をデトックスしてくれました。※当時妊娠中もパキシル飲んでましたが途中で全部捨てました。おなかの子供へ悪影響与えたくなくて。

そしてうちの息子はわがままでケンカもしますが、非常に心優しい子です。(うちの息子くんの手だけ登場!)

バンタンゲームアカデミー フォートナイト eスポーツ

息子のおかげで、男性に対して「もう大丈夫だよ、戦わなくていいんだよ」っていうことを知らせてくれるために生まれてくれたのだと、スピリチュアルをいていたおかげで、知ることができたのです。

氏名は使命。魂と名前の関係をしれば穢れた心を浄化できる!

 

最初は闇的スピリチュアルなところから始まったけれど、スピリチュアルな世界でのリアルに死にかけた経験や、古代の叡智的なスピリチュアルをしっていったおかげで、父親のように子供に対しての二の舞は踏むことにはならなかったです。

 

父もある意味自分の親の観念に縛られてその呪縛から解き放たれなかった、かわいそうな人ではあります。(同情はしませんが)

 

父親も娘である私が生まれてきた意味を知っていれば、縁をきられ、ひとりぼっちになることはなかったでしょう。

 

むすこくん、生まれてきてくれてありがとう。むすこくんのおかげで、ママは呪縛から放たれました。(息子とソフトクリームを食べにいったときの様子です)

願望実現を阻む原因は毒親にあり?毒親から完全開放されるためのたった一つやるべきこと

最後に、毒親育ちの人は幸せになるのが怖いので、幸せになるとなったらいざ腰がひけてチャンスを逃してしまいます。

 

まさに顕在意識では幸せを望むのに、潜在意識は不幸を望む状態です。

(不幸が身についてしまっているので、クセになっているのです。自分ではなかなか気付けません)

 

 

そして、自己肯定感が低いと波動もよくないのです。

波動を上げるたった一つの簡単な方法!波動とは?波動をよくするためには?

 

波動の法則は、引き寄せの法則でもあり、類友の法則ですから、この法則の殻をやぶっていきましょう~

 

類友が周りにいると、あなたが夢をかなえたい、幸せになりたいと思って、進化しようとするのをはばむ、ドリームキラーになりますから。

↓今の自分を進化させたい人はここも参考にしてください(^^♪ 心理的和解のために、波動の法則も理解しましょう~

波動の法則を理解し、人間関係や人生を一変したいなら…

 

目に見えないけれど、どれだけ毒親の影響というエネルギーがすごいかご理解いただけましたでしょうか?

 

目に見えない世界は守護霊や神様とかだけの世界ではないのです。

目に見えない世界はもろ刃のつるぎ。

 

大事なことほど目に見えないのなら、一緒に理解していきませんか?ここでしか言えない話もしています。

画像をぽち↓でメルマガ登録できます。すべては愛です。

メルマガ 幾何学 真理
ご質問、ブログのご感想などもこちらからよろしくお願いします。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

いつもブログにお越しくださり、ありがとうございます。

 

あなたの幸せ・成功を祈っています。